東京勤務者の阪神つぶやきブログ

阪神タイガースが好きすぎてブログはじめました!

金本阪神、広島戦3連敗を免れる

福留選手のサヨナラ犠飛

本当に何とか何とか勝てたという印象ですね・・・。
試合の終盤終始、広島打線に押されていましたが、
何とか高橋、マテオ、ドリス投手が無失点でしのぎ切り、
福留選手のサヨナラ犠飛勝利出来ました!!


阪神先発は岩田投手、広島先発は福井投手で始まりました。

阪神は1点を追う3回、コントロールの定まらない
福井投手を攻めたて、北条、福留選手の連続タイムリーで
逆転します。

また5回にも相手投手の四球を足掛かりに
福留選手のタイムリー、ロジャース選手の犠飛
2点を追加し、4-1とします。

ただ6回、岩田投手が捕まります。
広島のうるさい1、2、3番を出塁させ、ノーアウト満塁。
4番鈴木選手には犠飛を打たれ、
続く松山選手には四球を出した上、
ワイルドピッチとなってしまい、1点差に詰め寄られます。

ここで先発の岩田投手は降板し、
翌日新井選手に打たれた桑原投手に代え、
再度新井選手と対戦させます。

ここは前日のコントロールミスに気を付けて、
低めスライダーで空振り三振に取ります。

しかし続く安部選手にライト前タイムリーを打たれ、
同点にされてしまいます。

その後、広島の攻撃を高橋、マテオ、ドリス投手が
食い止めます。

特にドリス投手は簡単に3人で打ち取った為、
ここで阪神に流れが来たのかと思います。

9回、先頭の俊介選手がヒット、梅野選手が初球を送りバント
西岡選手は敬遠、北条選手がしぶとく粘りワンアウト満塁とし、
福留選手の犠飛でサヨナラ勝ちを収めました。


監督も褒めた北条選手の打席での粘り

やっと北条選手に復調の気配が見えてきました。

昨日のゲームでは3打数2安打とし、
ヒットも出初めていますが、
打席内で粘りが出てきました。

特に9回の最終打席は、
2球でツーストライクに追い込まれるも
2球ボールを挟み、5球をカットして
自身が打てる球を呼び込みました。

これまでは簡単に見送り三振をしたりと
打席内での粘りが見られませんでした。

大和、糸原選手が怪我をし、
何とか回ってきた先発のチャンスです。

あれだけシーズン前は監督から期待されていたのですから
この調子でシーズンを乗り切って、
これまで活躍出来なかった分、活躍して欲しいです。

ありがとうございました。



藤浪投手悪くはなかったように思えるが。

4回2/3を投げ、7安打3失点の内容

昨日は首位広島との2戦目。
1軍登板は約2か月半ぶりの藤浪投手でした。

まず試合の結果ですが、3-5で敗戦。
終盤には追い上げましたが、
正直力負けの印象は否めませんでした・・・。

さてその藤浪投手ですが、
結果の数字を見ると完全にノックアウトされた印象ですが、
復調の気配はあったのかなと思います。

まず直球のキレです。
しっかりと上からたたけていましたので、
ストライクゾーンに投げれば広島打線にも
充分通じていました。

また左打者もよく抑えていたと思います。
左打者膝元へのスライダー、カットボールはキレており、
バッテリーも途中で手ごたえを持ったのか
そのコンビネーションで左打者は空振りを
繰り返していました。

確かに途中から急にフォームが緩み始め、
腕ばかりに力が入っている為、
ボールが抜け始め、死球も出してしまいました。
(大瀬良投手、大変申し訳ございませんでした・・・。)

やはり今後の藤浪投手には
「自信」かと思います。

昨日も途中降板を告げられた際の
マウンド上では、下を向き今にも泣き出してしまいそうに
見えました。

本人も満を持しての登板が、
不甲斐ない内容でしたので、
悔しさもあったのでしょうが、
完全に自信を失っている表情に見えました。

どうやらこれで再度2軍へ行くようですが、
あの自信のなさを克服するには、
1軍での活躍しかないのかなとも思ってしまいます。

もう一度チャンスをあげて欲しかったです。
ありがとうございました。



小野投手 課題がシーズン当初へ逆戻り・・・

2回1/3を7安打5失点

昨日の広島戦はルーキーの小野投手が先発しました。
試合は6-11で負けてしまいました。

もう小野投手も11回も先発してますので、
昨日の敗戦の戦犯扱いにしても良いのかと思います。

野投手の結果は、2回1/3を投げて
7安打5失点でした・・・。

課題は、シーズン当初に逆戻りし、
変化球でストライクが取れない点でした。

1回、ノーアウトランナー3塁、1塁でバッターは丸選手。
カウント2ボールから安易に投げた直球をものの見事に打たれ、
ホームランとなりました。

変化球でストライクが取れない為、
悉く直球を狙われ、梅野選手もリードに困っていた様子でした。

直球が良いのは分かってはいるんですが、
それだけでは抑えられないのがプロです。

やはり直球と同じく、主となる変化球を持つ必要が
あると痛感しました。

フォークなり、ゆるいカーブなり早急に完全にマスターを
する必要があるのではないでしょうか。

ありがとうございました。



糸井選手、2軍復帰戦でホームラン!!

1軍復帰は時間の問題

今日は2軍戦を取り上げたいと思います。
今日から糸井選手が2軍の試合に
実戦復帰しました。

そして第二打席にいきなりのホームラン!!

当たりは完璧で打った瞬間にホームランと分かる
打球でした。

どうやら掛布2軍監督は、
糸井選手を長期で2軍で調整させる意向はないようですので、
もしかしたらこの広島3連戦中に復帰もあり得るかもしれません。

www.daily.co.jp

怪我をして1ヶ月。
チームはまだまだ広島を追いかけて
日々のゲームを戦っています。

チーム浮上のきっかけになることを
期待しています。

ありがとうございました。

海外ローミングと比較して78%以上お得?
海外インターネットならGLOBAL WiFi

金本阪神、この時期に収穫のない1敗・・・

松田投手が先発するも2回で降板

昨日のDeNAとの3戦目は、阪神にとっては全く
収穫のないゲームでしたね。

2-8と惨敗・・・。

昨日はメッセンジャー投手の骨折によって
先発の機会を得た松田投手が先発でした。

結果は2回4安打3失点。
味方の守りによる不運な失点もありましたが、
全く次へつながる内容ではありませんでした。

headlines.yahoo.co.jp

どうやら今日登録を抹消されましたね。
次回の先発用に調整の意味合いか、
当面出番なしの意味合いなのか・・・。

とにかく先発の柱が居なくなってしまいましたから
全員でカバーをし、一つでも広島とのゲーム差を詰めて欲しいです。

ありがとうございました。

選手イラストフェイスタオル (56松田)

選手イラストフェイスタオル (56松田)



福留選手、延長10回のV弾!!

延長10回の決勝ホームランで日本通算250号

さすが福留選手ですね。

昨日はDeNAとの2戦目でしたが、
序盤は相手投手 井納投手より得点出来ませんでしたが、
8回に福留選手のラッキーなヒットで追いつき、

そして延長10回にはまたしても
福留選手がレフトへ決勝ホームランを放ちました。

こういうところで決められるからこそ
これまで250本ものホームランを打てたのかなと思います。

やはり福留選手は休み休み起用したいので、
中谷選手、高山選手、俊介選手といったところが
しっかりと活躍して欲しいですね。

先発 能見投手は6回1失点

headlines.yahoo.co.jp

昨日の先発は能見投手でした。
6回を投げて8安打されながらも1失点としのぎ、
勝ちこそ付きませんでしたが、
ここ数試合の不調を吹き飛ばす内容でした。

どうやらプレートの踏む位置を3塁側から1塁側へ
変更したようです。

意図としては、

「あまり右打者の内角を(ストライクに)取ってもらえなかったので
角度を変えてやってみようと思った」。

ということでした。

確かに前回登板は悉く右打者への
インコースがボール判定になっていた為、
それを改善する為に試してみるとはまったようです。

これからはメッセンジャー投手がいないローテーション。
一人一人が自覚を持って責任イニングを全うして欲しいです。

ありがとうございました。



メッセンジャー投手 骨折の疑い・・・

ローテーションの柱だけに離脱はきつい・・・

headlines.yahoo.co.jp

今の阪神には絶対に起きて欲しくないことが
起きてしまいました。

ローテーションの柱であり、ここまで11勝5敗の成績を
残していたメッセンジャー投手が、昨日の巨人戦で
7回に阿部選手の打球が右くるぶしに当たり、
降板となってしまいました。

その後病院へ行き、帰ってきた際には、
ギブスをつけて松葉づえ姿だったということでした・・・

今季、藤浪投手や岩貞投手が不甲斐ない投球を
続ける中、一人投手陣を引っ張ってくれていましたので、
状態は非常に心配です。

どうやら藤浪投手が代役を担うようですが、
エースの代役を成績不振で長期離脱していた投手に
任せなければいけないなんて。

本当に軽傷であることを祈るばかりです。

試合はチャンスを逃して、流れを相手に渡してしまう展開

さて昨日の巨人との試合は、2-5と敗れてしまいました。

序盤は幸先よく先制しましたが、その後追加点を奪えない展開。
再三ランナーは出すも、後一本が生まれない歯がゆい展開。

メッセンジャー投手も粘っていましたが、
あの狭い東京ドームで2点だけのリードでは持ちこたえられませんでした。

そんな中、相手に流れを引き渡したポイントが2箇所ありました。

   ①6回先頭の鳥谷選手が3塁打を放ち、
    1アウト後、梅野選手がセーフティースクイズをしますが
    内海投手のフィールディングに阻まれ、ホームタッチアウト。

   ②同点とされ、相手投手も代わり先頭の俊介選手へストレートの
    四球を出し、次の上本選手がバントを失敗しダブルプレー

これらのプレーで完全に相手へ流れが行ってしまいました。
①に関しては、どこまでサインが伝わっていたのかも
微妙でしたが、やはり当たり前のプレーを当たり前にする。

それを痛感させられたゲームだったのではないでしょうか。

ありがとうございました。